12 13

投稿者: admin
2020/12/13 9:42

 今日は12月13日、残すところ18日となりました。
今年は、新型コロナウイルスが世界を席巻し、東京オリンピックも延期になり、私たちの生活も
すっかり様変わりしました。世が世なら、遷都するくらいの出来事ですよね。外出時はマスク着用、
大人数で宴会を避けたり、リモートワークが定着したり、人と会って話す機会もかなり少なくなっています。
 来年は「丑年」です、「うし」と言えば、物事の進み具合が遅いことを、牛の歩みのゆっくりさに例えて
「牛歩」というように、ゆっくり、ゆったりとしたイメージがあります。が、来年は十干十二支(じっかんじゅうにし )
では辛丑(かのとうし)とうい年になります。辛は「新」と音が同じなので、植物が枯れて新しい世代が生まれようとする
状態となります。「丑」は紐のことで結んだり絡んだり、種子の中に芽が生まれているものの、まだ伸びることが
できない状態ですが、すぐさま新しい生命が生まれてくるという意味です。
 まだまだ新型コロナウイルスにより生活が変化していく可能性もありますが、来年のこのようなポジティブな考え方を
あえて年賀状のようなアナログな手段で新年の挨拶を交わしてみるのも、送る相手のことをゆっくり考えることになり、
より気持ちを通い合わせることができるように思います。
 新春のイベントとしてバイオリン講座の講師によるバイオリン二重奏とピアノの「新春コンサート」を予定しております。
 年末まではもう少しあります、皆様も健康に留意されて令和3年の年明けを無事にお迎えください。
 
 
 
 

Tags: